ピクチャーロジックのあそび方

English
歌

ピクチャーロジックのあそび方

【ベーシック版のあそび方】

ピクチャーロジックを解くためのルールは二つだけ。

  1. 外にあるタテ・ヨコの数字の分だけ、中のマスをつなげて塗りつぶす
  2. 同じ列に2つ以上数字がある場合は、1つ以上のマスをあけつつ、その順に塗りつぶす
    (複数の色を塗るカラフル版では、色が違う場合はマスをあけなくてもOK)
    カラフル版のあそび方はこちら

と言われてもちょっとわかりにくいだろうから、かんたんな例題をいっしょにやってみよう!

1 ピクチャーロジックの王道は、まずはじめに大きい数字から見ていくことだよ。 右の例題で言うと、一番下のヨコ列かな?
一番下のヨコ列から順に見ていくことにしよう。
2 一番下のヨコ列は「5」。
ヨコのマスは全部で5つしかない。さあ、全部塗りつぶそう。

次にその上の列は……「1」と「1」。これではちょっと分からないので、も一つ上の列を見てみよう。
まん中のヨコ列。「3」がひとつだけだね。
でも、ヨコ列は全部で5つしかないから、右から3つ塗ったとしても、左から3つ塗ったとしても、かならず重なるところがあるよね。
3 そう。ど真ん中のマス。
とりあえずここを塗りつぶしておこう。

つぎにその上のヨコ列。「0」って書いてある。
これは、この列は1つも塗りつぶさないよってこと。
4 塗りつぶさないことが決まったマスは、ペケぽんをつけよう。ペケぽんは、一度マスをクリックして塗りつぶし、もう一度クリックすると出てくるよ。

そのつぎは、いちばん上のヨコ列。「1」が3つあるよ。
「1」が3つってことは、「1」が3つと空白(=ペケぽん)が2つ、最低でも合計5つのマスが必要だ。
そしてこの例題はヨコのマスが全部で5つ。
5 そう、その通り。こんな風にしか入れられないのだ。

つぎは、いちばん左からタテの列を見ていこう。
あれ? 「1」が2つだけど、もうさっき2つ塗りつぶしてある。
6 そんなわけで、あいてるマスにペケぽんをつけよう。

そのつぎ左から2番目のタテの列。「3」が一つだけ。
一番下に塗りつぶしたところから、あと2つの空白が残ってるよ。
7 その2つを塗りつぶす……っと。 この例ではどっちにしろあと2つしか空白がなかったけど、上のペケぽんがなかったとしても実はわかるのだ。塗りつぶされていたいちばん下のマスから続けて3つ、だからね。

ではではそのとなり、ど真ん中のタテの列はどうかな?
「1」が3つ。お! この列ももう、「1」を3つ塗ってある!
8 念のため、真ん中のタテ列の空白に、ペケぽんをつけておこう。

で、おとなりの右から2番目のタテ列。
おぉ! これは左から2番目のタテ列と同じじゃないかあああ!
9 残った2つのマスを塗りつぶすと……。
10 完成!!

どう? そんなに難しくないよね?
はじめての人は、なるべくマスの数が少ないものから挑戦するといいよ!
→例題を自分でやってみる
→目次へもどる
もっとくわしく知りたくなった人は、Wikipediaで「お絵かきロジック」を見てみるといいよ。パズルの歴史や、攻略法の解説がよくわかります。

【カラフル版のあそび方】

次に、『複数の色を塗るカラフル版では、色が違う場合はマスをあけなくてもOK』ってことだけど、こちらもかんたんな例題をやってみよう!

1 ベーシック版と同じように、大きな数字から見ていくことにしよう。と言ってもそんなに大きな数字はないね。
あっ! でも、右の例題で言うと、上から二番目のヨコ列、「赤の1」「青の1」「赤の1」「青の1」「赤の1」とならんでて、全部1だけど、全部たすと5になるね。
てことは、この例題では全体の大きさが5しかないから、全部うめられちゃう、ってことなんだ。

塗る色を変えるときは、パレットから色をえらぼう!
パレットは、自分のやりやすい場所に動かせるよ。
2 このように、カラフル版では、となりあう色がちがう場合は、数字が違っても空白のマスをあけなくてもOKなんだ。でも、あけなければならない場合もあるので、そのへんは注意が必要。

さて、おなじようにタテの列を見てみると……あ、左から二番目、右から二番目の列が、それぞれ「赤の1」「青の1」「赤の3」で、全部たすと5になるね。
というわけで、同じようにここも塗ってしまおう。
3 なんかいきなり完成に近づいてきたぞ。

とりあえずタテの列の一番右と左、「赤の1」はもう塗ってあるから、ほかのところは塗りつぶさないので、ペケぽんをつけよう。

ペケぽんは、どの色をえらんでいても、一度マスをクリックして塗りつぶし、もう一度クリックすると出てくるよ。
4 同じように、下から二番目のヨコの列。「赤の1」「赤の1」とならんでるけど、ここももう塗ってあるね。てことは、真ん中のマスは塗らないということなので、ここにもペケぽんをつけてしまおう。
5 さて、残りのところを、ヨコ列の数字から見てみると……。
一番上、真ん中、一番下、どれも「赤の3」。てことは!
6 その通り! こんな風にしか塗れないよね。
で、進めていくと……。
7 おお! 完成! これは何だ? ロボットの顔かな。

ベーシック版になれていれば、けっこう簡単だとおもうけど、『色が違う場合はマスをあけなくてもOK』という追加ルールを、ついつい忘れがちになるので、そこは注意してね!

【コンティニュー機能と、リスタートボタンについて】2012/01/09

  • 問題を解いているときに、間違ってウィンドウを閉じてしまっても、自動的に最後の状態に復帰できる「コンティニュー機能」を搭載しました。
  • ただし、別の問題を始めると、前の問題の状態に戻ることはできません
  • またこれまで、途中までやっている問題を最初からやり直す場合、ページの再読込をする必要がありましたが、サウンドON-OFFボタンの左側にある「Restart(リスタート)ボタン」を押すことで、問題を最初からやり直すことができるようになりました。

【"デカピク"とそのセーブ機能について】2015/06/29

  • 通常、ピクチャーロジックはベーシックで30x30、カラフルで25x25以内の問題のみとなっておりますが、今回、特別に大きな問題を紹介する"デカピク"を制作しました。
    現在のところ、検証がたいへんなため、"デカピク"の問題は管理人のみの制作とし、投稿は受け付けておりません。
  • "デカピク"の問題は通常問題と違い、コンティニュー機能がありません。途中でいったん中断するときは、必ず「Save(セーブ)ボタン」を押して、セーブするようにして下さい
  • "デカピク"をセーブした後に通常問題をプレイしても、デカピクのセーブデータは消えません。
  • リスタートボタンを押してリスタートした後にセーブボタンを押すと、その問題のセーブデータはすべて消えてしまいますので、ご注意下さい。
  • なお、問題のサイズが大きいため、ご使用のコンピュータによっては処理がたいへん遅くなる場合があります。 ご了承くださいませ。